読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何を手にいれた? じゃなくて。

どれだけ笑って、どれだけ泣いたか。立ち止まって考える。

【悩みのパターンを2つ。 どうにかなる悩みとガチな悩み。】


昨日は悩みとは才能の片鱗だってことを書きました(^-^)
深く悩めるってことは
可能性の余地があるってことです。

今日はちょっと違う角度から
悩みのパターンについてです。

多分一番多いと思う悩みパターンとして、

1人の時間がめっちゃある事。
要するに暇なんですね(^_^;)

悩みたいから、
悩んでるパターンです。

んなわけあるかボケ

って思う人も多いと思いますが、

悩めないくらい忙しくしてみて下さい。 

疲れ果てて、眠りに落ちる前に

なんであんなことに
クヨクヨしてたんだろ?
って思うはず。

力技で悩みをねじ伏せる方法です。

それで解決する悩みは、
悩みというより、
成長のステップですね。

逆にずっと忙しくしてる人は、
怪しいです。

忙しいって心を亡くすって書くよね
的な名言?もあります。


昔、菅野美穂がCMで

一年前の悩みってなんでした?
半年前は?

悩みなんてそんなもの。

というコピーがありましたね。

覚えてないほどの悩み。
大体どーにかなる類の悩みなんです。



そして、もう一つのパターンの悩みは深刻だと思います。

本質的な問題から自分の気をそらす為に
小さいダメージしか受けない悩みを
あえて自分で無意識に作ってる
パターンのやつです。

これはガチでダメなやつです。

人生の節々でひょこっと顔を出して悪さします。

キーワードは2次感情です。

怒りや激しい悲しみ、攻撃的な感情は
2次感情と呼ばれるものです。

2次ですから、1次もあります。

怒りや激しい悲しみは、
実は目を向けたくない感情を
覆い隠す為の
感情ではないか?
という考え方です。

1次感情とは、
寂しさとか自分の無価値感とか
自分が大切にされなかった想いとか、

後からジワジワくるタイプのやつです。

1次感情を認めるのが辛すぎる為に、
攻撃的になったりして、自己防衛を
計ったりする時もあるようです。

その自己防衛の一つとして、

小さいダメージの悩みを自分で作って、
本質的な問題から目を背けるパターンの悩みもあります。

これは悩みというか、
問題なので、
プロに任せる必要があるかもしれません。

自分を受け入れる(受容する)
大切なプロセスです。
f:id:miyanotakashi:20160525182605j:image