All in the Flow

全ては流れの中に。日々の分かった事いろいろを書いていきます。

【それでも、やはり人生は美しい。 演劇 賢者ナータンを鑑賞しました。】

 

 

f:id:miyanotakashi:20160419133111j:image
屋上の音楽会のピアニスト仙ちゃんこと、
仙波さんが音楽を監修、演奏している 
演劇、賢者ナータンを匠君と鑑賞してきました(^o^)伊丹のAI HALL 清流劇場にて。
 
賢者ナータンは1779年にドイツの啓蒙思想家レッシングが書いた戯曲のようです、
300年前の作品ですが、
今日でもドイツではメジャーな作品のようで、普遍的に人気があるようです。
 
テーマとしては、ユダヤ教キリスト教イスラム教の対立の中の立場を超えたヒューマニズムや、愛についてってところです。
 
もしかしたらナータンより、3つの指輪の話のほうがスピンオフして有名かも。
聞いた事ありましたが、ナータンの中の話だったとは。
 
正しさばかりを主張しては、
争いばかりが生まれますね。
なにも宗教だけじゃなくて、
日常生活でも。
 
ナータンはユダヤ人の商人のおっちゃんの役なんですが、女優さんが演じてたり、
王様の妹役を男性が演じてたりと、
 
男だから、女だから
っていう固定概念みたいなものを
キャスティングの時点から そういった
[区別]を除外しているように、私には思われて興味深かったです。
 
最後にキャストの皆さんが、
歌を歌って終わるのですが、
 
全員が全員、同じ熱量で、
出し惜しみすることなく、
一点を見つめ歌う様は感動的でした。
(仙ちゃんもピアノ弾きながら歌ってた事を私は見逃しません笑)
 
そして、最後に
 
それでも、やはり人生は美しい
 
と締めくくる言葉に自然と目頭が熱くなりました(^-^)
 
苦労や困難や誤解や愛憎劇が、止まることなく起きてくるのですが、
 
それでも、それでも人は生きていくし、
そして、それは美しいことなんだなぁって。
 
思える素晴らしい演劇でした。
 
匠君ありがとう〜(^ν^)