読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何を手にいれた? じゃなくて。

どれだけ笑って、どれだけ泣いたか。立ち止まって考える。

【ドングリの礼節。 大切にする方法を考える。】

 

昨日、上の坊やが


「今日な、紫金山(近くの小高い山)行ってな、ドングリ拾ってきたねん」と薄いビニール袋に入ったドングリを見せてくれました。

 

いっぱい拾ったね〜

 

と、食事作ってたので片手間に返していました。

 

すると
リビングのフロアに円形に並べて遊んでいたのですが、

 

下の坊やに、そのサークルは無残に潰されました(笑)

 

上の坊や泣いてましたけど、
部屋中に散らばったドングリ達。

 

もー片付けやー(怒)

 

と注意して渋々片づけて、
元のビニール袋にいれてました、
泣きながら(笑)

 

もう、ドングリ捨てていい!

と言ってましたが、

 

折角拾ってきたんやから、
大事にしいや。

 

と、言い、

昨晩のその時はあんまり考えてませんでした。

 

改めてよく考えてみると

 

上の坊やは5歳になるのですが、

 

多分、持って帰ってきたものの

 

大切にする方法がわからない

 

のだと思いました^_^;

 

今朝、家を出るとき
家族が寝静まったリビングに置かれたそのドングリinビニールをみて、そんな風に思いました。

 

大切にする方法がわからない。

 

形あるもの、無い物。

 

欲しくて、欲しくて、
手に入れてみて、

いざ手にしてみたけど、

それを大切にする方法がわからない。

 

だから、本意ではなくとも

 

手放したり、
壊してしまったり、
捨ててしまったり、

 

手に入れる前以上に、その対象の事を考えられなくなるのですね。

 

そんなことって、大人でもあるよなぁ〜と思いました。

 

例えば

親から、社長から、師匠から、先生から、上司から、世間から

大切にしなさい!

 

と言われて、

はい、大切にします!

 

と言ったところで、それは本質的に大切にしてることにならないでしょう、多分。

 

大切にすることの難しさは

1+1=2みたいな公式が無くって、
人それぞれの方法があるから、
難しいんだと思います。

 

そして、答えは自分の中にしかない。

 

では、どうしたらいいのかなぁ?って考えてたら、

 

大切にする方法を自分で色々考えて、やってみる。

 

じゃないかな?と思いました^ ^

 

大切にしている証拠として、

自分の中で感情が出てきたら、


深く関与できてる証拠だと思います^_^

 

どれだけ、笑ったか?
どれだけ、楽しんだか?そして
どれだけ、悲しんだか?
それを失ったら、どれだけ辛いか?

 

色々な感情と共に、その大切にする対象と過ごせたなら、それは

多分大切にしているってことじゃないかなと思いました^_^

 

そして、何かを大切にして、守る事は成長して、大人になることなのかなと考えました。

 

大切にしたいものと、時間と感情を共にして、心は磨かれていくのですね(^○^)

 

ドングリに対する礼節ってなんだろう?

 

で、ここまで話広げちゃいました(笑)

 

学びは、ドングリみたいに無作為の形をして、その辺りに転がってますね。

 

早速、今晩ダンボールで
ドングリパチンコでも作ろうかなと思うので、

 

Google

ドングリ 遊び方
とかで調べてみます(^○^)

 

f:id:miyanotakashi:20151020084226j:plain