読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何を手にいれた? じゃなくて。

どれだけ笑って、どれだけ泣いたか。立ち止まって考える。

鹿児島 トカラ列島 悪石島

悪石島(あくせきじま)とプリミティヴな異形の神ボゼ

 

鹿児島トカラ列島にある悪石島。なんてオドロオドロしい島名だろう。

『悪』とつく地名は他に類を見るまい。たしかにこの島の周囲は断崖絶壁となっており、海に向かって石が転がり落ちることから

名づけられたともいう。トカラ列島には平家の落人伝説が残されている。平家の落人が源氏の追っ手から逃れるために、

『悪石』と呼んで近寄り難くしたとの説もある。

 

この島には、現代文明では考えられないような風変わりな伝統行事がある。

旧暦の7月7日から16日まで盆踊りがあり、最終日に太鼓の音が響き渡ると島の古老がこう叫ぶ。「ボゼが出っど!」

それを合図に、『仮面神ボゼ』なる不気味な衣装に身を包んだ島民が3人が登場し、幕引きの役目を担うのだ。

 

画像が問題のボゼだ。

いかがだろう? とても現代日本では考えられないような出で立ちではないか。

赤土と墨で塗られた奇怪な仮面をかぶり、ビロウという葉の腰ミノを巻き、手首や足にシュロの皮をあててボゼに扮している。

手にはボゼマラという長い棒を持っており、それを振り回しながら人々を追い回すのだ。

 

盆になると、先祖の霊とともに悪霊も現世にやって来るといわれている。その悪霊を追い払い、新しい世界へと導くのがボゼ神の役目だ。

まさしく悪石島だけの(人口は100人にも満たない)奇習であり、マニアックな嗜好の観光客を呼ぶ英雄的存在でもある。

民俗学者の間では、パプアニューギニアインドネシアなどの祭に出てくる神の姿と酷似していることから、

起源を南方系から流れてきたのだとする説があるが、いまだ確証は得られていない。

 

秋田のナマハゲを彷彿とさせるものの、関連はないらしい。ナマハゲと決定的に違うところが1つある。

それがボゼマラによる突っつき攻撃だ。『マラ』から連想できるようにペニスの象徴で、棒の先端も心なしか亀頭の形をしている。

ボゼが登場するとともに、念入りに女子供が追いかけられ(本気で泣き出す子供もいる)、赤土の泥がついたボゼマラで突っつかれる。

泥がつけられた女性は子宝に恵まれ、子供の場合は健康に育つといわれている。

おっかない姿ではあるけれども、島民にとっては歓迎すべき神様なのだ。

祭のクライマックスでは悲鳴と泣き声、歓声に包まれ、楽しく幕を下ろす。

 

 

個人的意見

口減らしなど個人的には嫌な嫌な投稿が続いたのでホットしました。