All in the Flow

全ては流れの中に。日々の分かった事いろいろを書いていきます。

初夜権

初夜権(しょやけん)とは、領主や酋長などの権力者、または神父や僧侶などの聖職者、あるいは長老や年長者といった世俗的人格者などが、所有する領地や統治する共同体において、婚約したばかりの男女や結婚したばかりの新婚夫婦が存在した場合、その初夜において新郎(夫)よりも先に新婦(妻)と性交(セックス)することができる権利を指す。

 

または、成人(大人)の年齢や結婚適齢期を迎えた女性と何らかの性行為を行い、その処女性を奪うことができる権利なども指す[1][2][3][4]。

 

初夜権について記録された文献は古今東西に多く存在しているが、伝聞や伝承の記録に留まることが多く、その真偽については「形骸化された儀式や儀礼(セレモニー)」や「結婚税などの徴収理由として方便化したり風聞化したもの」、あるいは「成人への通過儀礼を拡大解釈したもの」などと見なす専門家が多い。後述の「真偽」も参照のこと。