All in the Flow

meet diversity

HELLO

全ては流れの中に

試される正義。 あなたならどうする?WWDY



知ってますか?
アメリカの番組だと思うんですけど、

what would do you?(略してWWDY)
という番組を。

簡単に言うと一般人へのドッキリカメラみたいな感じですが、

でも、
いたずらして笑おう!というコンセプトではなく、結構シリアスな内容なんですよね。

例えば、

善良な市民がホームレスをレストランに連れて行き、

「これで彼に何か食べさせて!」

バーテンダーにお金を渡し、

「好きな物食べてね!」

とお店を去ります。

その後、バーテンダーはホームレスに
「汚いから出て行ってくれ!」

と追い出すような態度に出ます。

ここで、周りのお客さんの反応を観察するのです。

善良な市民も、ホームレスも、バーテンダーも役者さんなんですねー。

その他に、人種差別系や、LGBT系(セクシャルマイノリティー)、貧困系、(フードスタンプ等)と、日本ではナイーブ過ぎて触れられない様な内容が多いです。

色々ご覧になってみてくださいな(^○^)

何か感じられるものがあるはず。

私のお気に入りは

ムスリムアメリカンの男性が、レジ打ちをしているお店で、男性客が

お前らが9.11を起こしたんだ!
国に帰れ!テロリストめ!

と、何も悪くない男性店員さんに
食ってかかる回が好きです。

買い物に来た人も、

そうだ、こいつら危ねぇと

と同調しますが、

最後の方にアメリカの軍人さんが来るんですね、

その暴言野郎が

ほら、我らの敵がここにいるんだぜ!あんた達が戦っている相手だろ?

と軍人さんを挑発するんですね。

すると、軍人さんが

彼がここで働き、どんな宗教を選ぶ自由があるように、
お前は好きなところで買い物をする自由がある。とっとと出て行け!

俺をその自由を守るために戦っている。


という回、めちゃくちゃかっこいいです(^○^)

テレビやメディアで流れてくるどんなアメリカを伝える内容より、リアルにアメリカが抱える問題を上手く伝えていると思います。

そして、ここまでしても大丈夫なアメリカのメディアのあり方に日本には無い可能性を感じます(^○^)

ムスリムアメリカンの回↓