今、ことわりにほどけて(理に解けて。)

30代男、子供3人いて、会社員、社外活動旺盛な人のライフログです。

【私なりのノーブレスオブリージュについて】



ノブレス.オブリージュともいいますね。

聞いたことありますか??

私の座右の銘です。

直訳すると

「高貴さは義務を強制する」
となり

日本語だと、

「位高ければ、徳高きを要す」

という変な日本語です笑

平たくいえば、

あんたは地位があって稼いでるんやから、社会へのそれ相当の還元はせなあかんで!

といったところでしょうか。

お金持ちへ批判的に使われる事もあるようです。


私なりの解釈は

自分らしく、優雅である為の犠牲は必要

という事です。

特に位も地位も高くない私ですが、
自分で人生に対しての態度は選ぶ事ができます。

それはずっと生きてる限り。

自分らしくあるということが、
人間として一番徳があることだと思うんです。

だから、

その為に払う犠牲が必ずあるという事を知っていてほしいのです。

それは痛みやつらい思いを伴う事もあると思います。

勇気が必要だったり、立ちはだかる壁に苦しむことも多いかもしれませんが、あなたを次のステージへ連れていく階段を登ってるようなもの。

自分に嘘をつかない事
あなたらしくある事。

それは、一番仲の良い友達に
反対の意見を言う時かもしれません、

それは、四面楚歌の中、誰に頼ることもできない闇を手探りで生きる事かもしれません。

人知れず、深夜、早朝に仕事をしている時かもしれません。

そこには苦痛ともとれる気持ちが生まれることもあると思いますが、

それは必要な犠牲なんだと、自分を慰めて、そして自分への誇りへと昇華させる言葉がノブレス.オブリージュでした。^ - ^

自信は頑張った分だけ。

あなた自信の高貴さを高める為に犠牲を払っているでしょうか?

それはどんなものでしょうか?

あなたのインスピレーションに響けば光栄です^ - ^

今日も美しさと共に!