読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何を手にいれた? じゃなくて。

どれだけ笑って、どれだけ泣いたか。立ち止まって考える。

自分の好きなところ100個言えますか?

コミュニケーション エピソード メンタル 本質 茨木

今日は先週の土曜日にありました、イバカラこと茨木から日本を元気にする会より、そのワンシーンをお伝えします。

 

バカラでは、一人づつ、一分間夢を語ります。

 

お酒も入りつつ、60人以上が参加してますが、話しを聴く時はみんなシーンと黙って、夢を語る人がすごい話しやすい環境をつくります^ ^

 

そして盛り上がる時は、火がついたように盛り上がる笑

 

自分が話すまでは緊張して、なにを話せばいいの?

 

と、頭が真っ白になっている人がめちゃくちゃうまい事話すパターン多いです笑

 

それも楽しみの一つです^ ^

 

その中の一人の男性の話しです。

 

彼は経営者であり、お商売もうまく行っているように見えて、とても謙虚な方です。

 

最近はお一人でボランティア的に福祉活動を始められており、私も見習いたいところが多い素敵な人です。

 

そんな彼は自分に自信がなかったそうですが、ある一言で少しづつ変わってきてるということです。 イバカラの主催者のAさんに自分に自信がないということを言った時の事です。

 

Aさんは 「◯◯さんは自分の好きなところ100個言えますか?」

 

その人は、7~8個までは言えたのですが、 言葉に詰まり、100個なんてとても出てこなかったそうです。

 

その時、Aさんが 「僕は言えますよ。言いますね。

自分の足で歩けるところ、

字が読めるところ、

字が書けるとこと、

料理ができること、

好きなものをおなかいっぱい食べられるところ、、、、。」

 

 

その人はそれを聞いていて、 あれ? それって、普通の事じゃないの?? 訳がわからなくなりそうになりましたが、 ある事に気づきました。

 

当たり前に思えていた、 それらは決して普通の事じゃないんだ!

 

自分にとって普通の事でも、 それをできない人からすれば、 普通の事じゃないんだ!

 

当たり前じゃなくて、 その反対、 有難いことなんだなと、 感謝の深さを知ったとのことでした。

 

あなたが当たり前にしてること、できる事は、誰かにとっては、当たり前ではなく、それがすること、そうなることが夢だ!って言う人がいるかもしれません。

 

できない人からすれば、 それをする事ができない環境におかれている人を想像すれば、 今、普通にできていることに有難いんだなと謙虚な気持になり、感謝したいな!って私は思いました。

 

人と人との出会いを、 誰かの為に何かをする時間を、 私の人生と呼びたい。

 

そう、思わせてくれる イバカラの素敵な夜でした