分かった。解った。

日々の分かった事を書いていきます。

吉野 弘さん 奈々子に

奈々子にという詩です。

 

子どもができた時、初めて親という立場に立たされて 感じることはいかに親に愛されてきたかということが実感できると思います。

そして、感謝が溢れ出し、わが子にも同じように愛情をかけて 育てたいと思うようになりました。

 

以下転載

 

奈々子に 赤い林檎の頬をして 眠っている奈々子。

 

お前のお母さんの頬の赤さは そっくり 奈々子の頬にいってしまって ひところのお母さんの つややかな頬は少し青ざめた。

 

お父さんにもちょっと酸っぱい思いがふえた。

唐突だが 奈々子

 

お父さんはお前に 多くを期待しないだろう。

 

ひとが ほかからの期待に応えようとして どんなに 自分を駄目にしてしまうか。

 

お父さんははっきり 知ってしまったから。

 

お父さんが お前にあげたいものは 健康と 自分を愛する心だ。

 

ひとが ひとでなくなるのは 自分を愛することをやめるときだ。

 

自分を愛することをやめるとき ひとは 他人を愛することをやめ 世界を見失ってしまう。 自分があるとき 他人があり 世界がある。

 

お父さんにも お母さんにも 酸っぱい苦労がふえた。

 

苦労は 今は お前にあげられない。

 

お前にあげたいものは 香りのよい健康と かちとるにむづかしく はぐくむにむづかしい 自分を愛する心だ。

 

以上。

 

心にしみます。

 

 

 

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)

 
二人が睦まじくいるためには

二人が睦まじくいるためには

 
贈るうた

贈るうた