読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何を手にいれた? じゃなくて。

どれだけ笑って、どれだけ泣いたか。立ち止まって考える。

【呼吸する展望台。 自然体感展望台 六甲枝垂(しだれ)】

ART

六甲ミーツアートの振り返りです^ ^ ミーツアートの展示ではなくて、展望台なので常設なのですが、 大きさもだけど、一番心に刺さるデザインでした。 外観からして、凄い。 静かに佇むような色使いではあるけど、存在感ありすぎです。 山の上にある一本の大…

【六甲meets art芸術散歩2015に行ってきました^_^】

坊や二人と行ってきました! http://www.rokkosan.com/art2015/ 先日日曜日、テストを受けに普段乗らない地下鉄の線に乗った時に、吊り広告が出ていて、 これは行かなあかんやつや!と、確信めいたものを感じたのは、間違いなかったです✨ 六甲山上にある5箇…

ph.chill.2015.02.06

この感じいいなぁ〜chill outに必要なハードと、ソフトなイマジネーション(^○^)

兵庫県立美術館、だまし絵Ⅱ進化するだまし絵展にいってきました!

やっと家族で兵庫県立美術館いけて大満足です!HAT神戸も気持ちいいし、天気良かったので最高でした(^○^)肝心のだまし絵ですが、なんせ人が多い!子連れでしかもベビーカーなのでかなり苦戦しましたが、いろんな意味で楽しめました(^○^)流石、人気企画ですね…

斬新な人類の滅ぼし方、 地球を呑む 手塚治虫

画期的な方法で文明や人類をめちゃくちゃにする内容が描かれており、興味深い漫画でした。地球を呑む (手塚治虫文庫全集)作者: 手塚治虫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/02/10メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 表紙の美女がニヤリも、意味があ…

東京家族と風に立つライオン

全てはつながりの中で変化している。東京家族を観ました、とても素晴らしい作品でした。概略故郷を巣立った、東京に住む子供達に会いに田舎から出てくる両親のお話しです。家族というものの、それぞれの都合の中でしか関わり合いを持てない家族の切なさを描…

吉野 弘さん  I was born

国語の教科書に載っていたと思いますが、今読んでみても強烈でした。 生きること。 一緒に考えていきましょう。 以下転載 I was born 確か 英語を習い始めて間もない頃だ。 或る夏の宵。 父と一緒に寺の境内を歩いてゆくと、青い夕靄(ゆうもや)の奥から浮き…