読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何を手にいれた? じゃなくて。

どれだけ笑って、どれだけ泣いたか。立ち止まって考える。

唯識と超情報場仮説について 心があって、世界があって。①

以前書いた記事に、釈迦が悟った、悟りをめちゃシンプルに言うと、縁起という考え方とお伝えしました。その流れで唯識(ゆいしき)も書きたかったので書いてみます^ ^できるだけシンプルに誰にでもわかるように。唯識とは今から1600年前〜1700年前に生まれた…

関係してるから、存在してる

人間ってにんげんって読むじゃないですか?そして、人間っていったら、a personな感じで一人の人みたいなニュアンスですけど、昔は、人間をじんかんと読み、社会全体とか、人間の存在自体や、帰属組織全体を指す言葉として、用いられていたようです。人と人…

自分を変えるには

自分を変えたいという動機で何百万円も自己啓発セミナーにいったりする人がいる。人生を開く事はシンプルでいて難しい。一番認めたくない事を認めることから、あなたの本当の人生が始まる。一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える作者: アンソ…

愛し方と愛され方

愛し方と愛され方を知ってる人は幸せだと思う。多分コツがある。対象をdoingとbeingを分けて考えると理解しやすいよ。存在そのものを無条件で愛するのか?愛されるのか?(being)行動や、その結果得られるものを条件付けて愛するのか?愛されるのか?(doin…

【私なりのノーブレスオブリージュについて】

ノブレス.オブリージュともいいますね。聞いたことありますか??私の座右の銘です。直訳すると「高貴さは義務を強制する」となり日本語だと、「位高ければ、徳高きを要す」という変な日本語です笑平たくいえば、あんたは地位があって稼いでるんやから、社会…

アイシテル〜海容〜 【超絶重たい漫画 子供が殺されたら、犯人とその家族を許せますか?】

ドラマになったのかな?漫画読みました。随分前に。昨日嫁さんが図書館から借りてきてくれて、久々に出会いました。漫画のテーマは深いし重い、でも大切なテーマです。小学一年生の我が子を小学六年生に殺されるところから話しが始まります。被害者家族から…

【誰かのせいにできるうちはまだ心は健康?

なんでもかんでも、誰々が悪い、環境が悪い、親が悪い、配偶者が悪いと、責任を外に求めたがる人は多いなぁと思うのですが、最近少し考え方が変わりました。以前なら、全ての起こることは自分の意識が作ってることなんだから、自己責任でしょ?って私は思っ…

【人間関係のマトリックス、5つのポジション】

今日は性格というものについて考えたいと思います。私達は自分の性格は○○だから、と自分で自分の性格を捉えている部分もあると思います。しかし、よく考えてみれば必ずしも、徹底して一貫したものではないはずです。例えば•普段は弱気な私だけど、あの時は何…

無意識と繋がる方法、ジェリーロペスの場合

今日は無意識についてです。 無意識とはアクセスできない私達の領域なのですが、 圧倒的な結果を出す人は無意識と繋がる方法を独自で編み出してるんじゃないかな?というのが私の持論です。 その例として、サーファーのジェリーロペスを例に挙げます。 彼は…

超一流のセルフイメージ作られ方

以前セルフイメージは作られるとお話しました。 セルフイメージの作られ方 - 我がActing Outな日々 セルフイメージの作られ方 - 我がActing Outな日々 今日は圧倒的なセルフイメージを持った人の話しを聞いたのでシェアします。 えーちゃんこと、 矢沢永吉さ…

【投影を逆利用して心を元気にする方法】

最近オリジナルで思いついた、心が元気になる方法をお伝えします。これは知らない人がたくさんいる、場所で行ってみてください。その方法とは、全然知らない人の最高に幸せなシーンを勝手に想像する。ということになります。どういうことかというと、具体的…

ゲシュタルの祈り

今日はある詩を紹介します。 ゲシュタルト療法という心理療法をシンプルにまとめてあります。 「ゲシュタルトの祈り」 私は私のことをする、あなたはあなたのことをする。 私はあなたの期待に沿うためにこの世にいるのではない あなたは私の期待に沿うために…

セルフイメージの作られ方

今日はセルフイメージのお話しです。 ざっくりいうと、セルフイメージとは無意識で、自分が自分をどんな人と思ってるかです。 すごいな! こんなんできひんで! という事をやる人がたまにいますが、その人のセルフイメージ上では、自分はできる!というセル…

深層心理と物理学。共時性の原理、シンクロニティ

さて、相変わらず物理学と心理学の親和性を模索しているのですが、その理解のヒントとなりそうな事がわかったのでお伝えします。 物理学と心理学は1960年代に既にコラボってました。 それは、分析心理学のユングとノーベル物理学賞受賞者パウリが共同で研究…

退屈は金融資源

毎日、家計簿アプリで支出をつけています。 ふとした時にアプリを開いて「あ~、使いすぎちゃってるな」とか反省できるのでオススメです。 (因みにbookeepってゆう豚の絵のアプリです) 細かい支出を眺めながら、何で自分はお金使ったのかな?って考えると、…

神の粒子ことヒッグス粒子、スピリチュアルとサイエンスは融合するのか?

今日は超文系な自分でもびっくりで意味わからないんですが、昨日から物理学の事ばっかり考えてるんですよね。 ヒッグス粒子の存在がほぼ確定!みたいな記事読んでから、いきなり、気になって仕方ないみたいな笑 簡単に昨日から学んだうろ覚え満開なヒッグス…

ジョハリの窓

今日はジョハリの窓についてです。 ジョセフさんとハリーさんが提唱しました。 略してジョハリです。ジョハリ。 心理学に興味がある人に、何で興味あるんですか?と質問したら、 自分を知りたいから という答え、結構多いです。 そんな方に、オススメです。 …